桃太郎フォーラム

ホーム > 桃太郎フォーラム > 平成27年度「新しいプラットフォーム「60分授業・4学期(クォーター)制」導入に向けて」

平成27年度岡山大学 FD・SD研修 桃太郎フォーラムXVIII

テーマ

新しいプラットフォーム「60分授業・4学期(クォーター)制」導入に向けて

開催日時・場所

日時平成27年9月10日(木) 9:30~15:30
場所創立五十周年記念館(午前)・一般教育棟A棟,B棟,C棟(午後)
対象大学の教育改善に関心のある大学生,教職員,その他
参加費無料

お知らせ

平成27年9月1日 吉田 大輔 前・文部科学省高等教育局長の特別講演開催が決まりました。

お申し込み

お申し込みは下のボタンからお願いいたします(入力フォームへ移動します)。
申し込み締め切りは9月4日(金)です。

お申し込み

プログラム

午前の部
会場創立五十周年記念館
総合司会FD委員会教授法開発WG座長 和賀 崇(教育開発センター)
9:30~
9:35
1.開会宣言
 岡山大学副学長・教育開発センター長  許 南浩
9:40~
10:25
2.特別講演 司会:中塚 幹也(FD委員会委員長)
 講演「岡山大学の教育改革が目指すもの」
 講演者:許 南浩 岡山大学副学長・教育開発センター長

 講演「これからの高等教育について」(仮)
 講演者:吉田 大輔 前・文部科学省高等教育局長
10:25~
11:15
<休憩・ポスターセッション>
 新しいプラットフォームを活用した授業改善のアイディアをポスターにし,
 展示・発表します。
 会場:創立五十周年記念館交流サロン,ホワイエ,ラウンジ
11:15~
12:30
3.シンポジウム 座長:松川 昭博(高等教育開発推進機構副機構長)
 テーマ:「新しいプラットフォームによる教育の可能性」

 講演1 「文学部の取り組み 60分授業・4学期(クォーター)制による
 授業効果最大化への試みー初年次教育を中心に」
 講演者:文学部准教授 大貫 俊夫

 講演2 「教育学部の取り組み 組織的アクティブ・ラーニング推進
 授業開発プロジェクト」
 講演者:教育学部教授 桑原 敏典

 講演3 「環境理工学部の取り組み 科目のモジュール化による課題
 解決型教育システムの再構築」
 講演者:環境理工学部副学部長 難波 徳郎

 講演4「学生から見た60分授業・4学期(クォーター)制 ―問題点とこれからの展望―」
 講演者:高畑 昌志(教育学部学生),秦  雄大(法学部学生)

 質疑応答・まとめ
12:30~
12:35
4.各分科会の紹介 FD委員会教授法開発WG座長 和賀 崇
昼休憩
12:35~
13:30
創立五十周年記念館から一般教育棟A棟,B棟,C棟へ移動
午後の部
会場一般教育棟A棟,B棟,C棟

 13:30~15:30まで以下6テーマの分科会を開催します。

第1分科会
会場A36
テーマ 新しいプラットフォームを活用した教育システムについて
概 要シンポジウムの議論をフォローアップしつつ,学部のカリキュラム等の単位で
新たなプラットフォームを活用する取り組みについて,グループ・ディスカッション等を
行います。
座 長長瀧 寛之(FD委員会授業評価アンケートWG座長)
登壇者文学部         大貫 俊夫  准教授
教育学部        桑原 敏典  教授
環境理工学部      難波 徳郎  副学部長
高等教育開発推進機構  許  南浩  機構長
高等教育開発推進機構  松川 昭博  副機構長
高等教育開発推進機構  石井 一郎  UAA
教育開発センター    佐々木 健二 副センター長
第2分科会
会場C22
テーマ新しいプラットフォームを活用した授業の改善及び工夫
概 要「ちょっと気になる私の授業,アクティブラーニングでどうなる?どうする?」
新たなプラットフォームを活用した具体的な授業の改善方法や工夫について,
アクティブ・ラーニングの手法の一つ「ジクソー学習法」を用いて理解を深めます。
「ジグソー学習法」は,講演者ごとに3つのグループに分かれて話を聞いた後,
各グループからのメンバー1人ずつの3人で新たなグループを作って
各講演の内容を共有し,最後に全体で知見を共有するという流れです。
座 長遠山 和大(FD委員会勉学環境WG座長)
ファシ
リテー
ター

大﨑 理乃(高等教育開発推進機構 助教)
話 題
提供者
1.「人文・社会科学の<専門知>の意義を学ぶ」
 本村 昌文(社会文化科学研究科 准教授)
2.「独創的科学チャレンジ能力の養成」
 山川 純次(自然科学研究科 助教)
3.「Model United Nations at Okayama University」
 Thomas FAST(言語教育センター 講師)
第3分科会
会場C25
テーマ学修成果の測定~成績評価の基準と方法について考える
概 要成績評価の厳格性を確保しながら,評価の信頼性をより高めるにはどのような方法が
あるのか,ルーブリックやGPAなどさまざまな要素や側面から成績評価について
考えます。
座 長花谷  正(FD委員会学士課程WG座長)
話 題
提供者
1.「大学教師と学生を結び,繋ぐ,ルーブリック」
 杉森 公一(金沢大学 大学教育開発・支援センター 准教授)
2.「学びのための評価とGPA」
 森岡 明美 (高等教育開発推進機構 准教授)
3.「実践知教育科目の開発及び評価について」
 前田 芳男(地域総合研究センター 准教授)
4. 全体討論
第4分科会
会場C31
テーマ大学院におけるコースワークの充実のための支援方策
概 要コースワークを導入した授業の優れている点や抱えている困難,その困難を克服するために
必要な支援などについて情報・意見を交換し,全学として各研究科に対しどのような支援を
行うことが可能かを探ります。
座 長矢野 正昭(FD委員会大学院WG座長)
話 題
提供者
1.「社会文化科学研究科のコースワークについて」
 河原 祐馬(社会文化科学研究科 教授)
2.「環境生命科学研究科のコースワークについて」
 藤原 健史(環境生命科学研究科 教授)
3.「医歯薬学総合研究科修士課程の新コースワークについて」
 中瀬 克己(医療教育統合開発センター 教授)
4. 全体討論
第5分科会
会場C32
テーマグループワークで考えよう!~グローバル人材育成~(SD研修)
概 要グローバル人材育成について,話題提供を踏まえた上で,グループワークを行い,
考えを深めます。
座 長和賀  崇(FD委員会教授法開発WG座長)
話 題
提供者
「岡山大学の『グローバル・ディスカバリー・プログラム』の準備から見えてきた
 留学事情・留学生事情」
 鄭 幸子(高等教育開発推進機構 准教授)

※第5分科会は岡山大学職員を対象としますが,本学教員・他大学教職員・学生等の参加を歓迎します。

第6分科会
会場A35
テーマ大学生のメンタルヘルス(対談形式)
概 要現代の大学生が抱えるメンタルヘルスに関する問題について,
対談を通じて考えてゆきます。
進 行兒山 志保美(保健管理センター)
対談者塚本 千秋(大学院教育学研究科 心理・臨床),大西 勝 (保健管理センター)

※第6分科会は,教職員限定となります。

会場・交通案内

会場:岡山大学 教育開発センター 創立50周年記念館、一般教育棟
   岡山県岡山市北区津島中1-1-1

地図


大きな地図で見る

交通案内:JR岡山駅西口から岡電バス「岡山理科大学」行きに乗車、「岡大西門」で降車して徒歩1分。
(時刻表はこちらPDF(外部リンク))
 

【本件お問い合わせ先】学務部学務企画課
TEL:086-251-8424 FAX:086-251-8440
yoshida-m4@adm.okayama-u.ac.jp